axseed

OYATSU insta follow Me
株式会社 AXSEED (アクシード)
東京オフィス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-19
東建インターナショナルビル 8F
TEL : 03-5766-4150
福岡オフィス
〒810-0074
福岡県福岡市中央区大手門3-12-12 BLDG64 401
TEL : 092-406-5919
  • ※SPPMは株式会社AXSEEDの登録商標です。
  • ※A-Pushは株式会社AXSEEDの登録商標です。
プライバシーマーク

最新情報 NEWS

最新情報 News

日本初(※)Samsung「E-SDK」によるSamsung Galaxy専用機能を提供!

  • プレスリリース

報道関係者各位

2013年9月17日

 (会社名)株式会社AXSEED

(代表者名)代表取締役 新明 善彦
 
株式会社AXSEED(以下、AXSEED)は、国内MDMベンダーとして初めて 世界最大のモバイル端末メーカーであるサムスン電子株式会社(以下、Samsung)より開発キット「E-SDK(Enterprise SDK)」の提供を受け、Samsung Galaxy端末向けの専用制御モジュールを開発しました。
これにより『SPPM2.0』のMDM機能を大幅に拡充し、Samsung Galaxy端末向け新機能の第一弾として9月24日(火)よりサービスを開始します。
E-SDKを用いたSamsung Galaxy端末向けの新機能群は、追加費用なしで利用可能です。
今後も、E-SDKによるSPPMの機能向上を継続し、安全に安心して法人利用可能な端末環境を実現します。
 
OSシェアグラフ.
【背景およびE-SDK】
米国Google社より無償にて提供されるAndroid OSは、モバイル端末用OSとして多くのスマートフォンに採用され、総数では米国Apple社のiOSを搭載した端末数をはるかに上回ります。
Android OSはアプリ開発の効率と高い自由度が魅力である反面、高い自由度の副作用として法人利用向けのセキュリティ対策が弱点であるという声が聞かれます。
 世界最大のモバイル端末メーカーであるSamsungは、Android OSのこの弱点をカバーするために300項目を越える機能を網羅したE-SDKを用意し、通常のAndroid OSでは実現できないセキュリティ機能の実装を可能としました。


AXSEEDは、本年3月よりシルバーパートナーとしてSamsungエンタープライズアライアンスプログラムに参加し、 Samsung Galaxy端末向け機能開発を進めています。これまでにSamsungよりE-SDKの提供を受けた国内MDMメーカーとしてはAXSEEDが初となります。

【E-SDKによるSamsung Galaxy端末向け機能 第一弾】
300項目を越えるE-SDKの機能のなかから、これまでにSPPMユーザーから寄せられている要望に基づいて機能を厳選し、Samsung Galaxy端末向け新機能の第一弾として 9月24日(火)よりサービスを開始します。
OSのバージョンアップ制限、スクリーンキャプチャの抑止、紛失時にGPSをリモートから自動起動させる機能、USB接続の完璧な制御は特に要望が多い機能です。通常のAndroid端末では実現できず、Samsung Galaxy端末とAXSEEDの『SPPM』の組み合わせでのみ実現可能です。
 
新機能の活用例図
 

■SPPM2.0 Samsung Galaxy端末向け新機能一覧
Hardware Key(VolumeUp)
機能名 機能内容
On the AirOS upgrade OSのバージョンアップを制限します。
Factory Reset 端末初期化操作を制限します。
Mock Location 擬似ロケーション機能を制御します。
Power OFF 電源ボタン長押し時の”電源を切る”を制限します。
スクリーンキャプチャ スクリーンキャプチャ操作を制限します。
紛失時 GPS起動 位置情報取得指示の際に、GPS機能を自動的に有効にします。
USB MediaPlayer USBを接続した際のMTPモードを制限します。
USB MassStorage USB接続時のマスストレージ接続を制限します。
USB Debugging USBデバッグ機能を制限します。
NFC NFCの利用を制限します。
Micro Phone マイク機能を制限します。
Status Bar ステータスバーを非表示にします。
Google Crash Report Googleクラッシュレポートを無効にします。
Google Backup Googleバックアップを制限します。
TaskManager ホームボタン長押しでのアプリ履歴表示を制限します。
Wall Paper Change 壁紙の変更を制限します。
Home Key ホームキー押下時のホームアプリの起動を制御します。
ボリュームアップボタンを無効化します。
Hardware Key(VolumeDown) ボリュームダウンボタンを無効化します。
Hardware Key(Back) バックキーを無効化します。
Hardware Key(Menu) メニューキーを無効化します。
Hardware Key(Power) 電源ボタンを無効化します。

 
【今後のE-SDKによる機能拡充予定】
今後、E-SDKを用いた、アプリのサイレント・インストール、サイレント・バージョンアップ、サイレント・アンインストールやBluetoothデバイスとのきめ細やかな接続管理、ExchangeアカウントやVPN、Wi-Fi等のリモート一括設定機能等を開発し、今年度中に順次公開する予定です。

【新機能概要】
SPPM2.0 Samsung Galaxy端末向けMDM機能
◇販売対象 
 スマートフォン・タブレットの業務利用を行う法人
◇導入方法 
 SPPM フル機能パックの標準機能として導入可能
 ※Samsung Galaxy端末専用制御モジュールのインストールが必要
◇対応機種
 Samsung Galaxyシリーズ
◇価格
 月額 300円/台 
 ※SPPM2.0 フル機能パックの通常料金に含まれ、別途費用はかかりません。
◇参考URL
 https://www.axseed.co.jp/sppm2.0/
※2013年9月1日時点 当社調べ

【株式会社AXSEED】

東京都渋谷区渋谷 2-12-19 東建インターナショナルビル 8F
代表取締役 新明善彦
TEL : 03-5766-4150 FAX : 03-5766-4151

【本件に関するお問い合わせ】

■SPPM2.0 について
株式会社AXSEED 担当:広報 阿部・安田 03-5766-4150 pr@www.axseed.co.jp

一覧へもどる