プレスリリース

MDM「SPPM2.0」がAndroid 6.0(Marshmallow)に対応
2016.03.03

報道関係者各位

2016年3月3日

 (会社名)株式会社AXSEED

(代表者名)代表取締役 新明 善彦

 

 株式会社AXSEED(以下、AXSEED)が開発・提供するモバイル端末管理システム「SPPM2.0」が、Android6.0(Marshmallow)に3月15日より対応を予定しています。法人ユーザーは、Android 6.0端末のリモート集中管理が可能となります。

昨年、Android OSの最新版 Android 6.0(Marshmallow)が発表されました。このOSの仕様変更により、トップ画面で稼働するアプリ情報の取得が不可能となったため、これまでの “トップ画面で稼働するアプリ情報をチェックして制御する” という方法では利用アプリ制限ができなくなりました。これに対し、AXSEEDは、「SPPM2.0」の利用アプリ制限の方法を大幅に変更し、かつ複数の方式で対応します。

これにより、基本的なリモート・ロックやリモート・ワイプだけでなく、利用アプリ制限を含むSPPMの機能をAndroid 6.0(Marshmallow)が搭載された端末でも利用でき、従来のAndroid OS端末と同様の制御・管理が可能となります。

【 今後の展開 】
「SPPM2.0」は、今後も最新のOSや端末にスピーディに対応し、スマートフォン・タブレットの法人利用をサポートしてまいります。また、端末メーカーとの連携により、Galaxyシリーズ、Xperiaシリーズでは、通常のAndroid端末以上の制御・管理が可能であり、現在も複数の端末メーカーとの連携に向け、準備を進めています。

【 モバイル端末管理システム「SPPM2.0」 】
「SPPM2.0」は、三井住友海上火災保険株式会社様や江崎グリコ株式会社様、株式会社前川製作所様など、累積利用社数約3,000社、管理端末約300,000台の導入実績(2016年2月末時点)を持つ純国産のMDMシステムです。Androidだけでなく、iOS、Windowsとあわせた3OSの統合管理が可能です。

SPPM製品サイト http://www.sppm.jp/

※ 掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

 


 

【 会社概要 】
[会社名] 株式会社AXSEED(アクシード) http://www.axseed.co.jp/
[代表者] 代表取締役 新明 善彦
[所在地] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル 8F
[事業内容] ソフト開発、システム開発・構築・管理・運用、各種情報関連製品・コンテンツ販売