axseed

OYATSU insta follow Me
株式会社 AXSEED (アクシード)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-19
東建インターナショナルビル 8F
TEL : 03-5766-4150
  • ※SPPMは株式会社AXSEEDの登録商標です。
  • ※A-Pushは株式会社AXSEEDの登録商標です。
プライバシーマーク

最新情報 NEWS

最新情報 News

MDMシステム『SPPM v2.0』大幅に機能アップし iPhone/iPadに対応

  • プレスリリース

報道関係者
各位プレスリリース
2012年 3月6日

(会社名)株式会社AXSEED
(代表者名)代表取締役 新明 善彦

株式会社AXSEEDは、 Android, Windows Mobileで300社の導入実績のあるMDMシステム SPPMを大幅にバージョンアップし、『SPPM v2.0』 として iPhone, iPad, iPod touchに対応しました。これにより対応端末は65機種にまで増加いたします。SPPMは純国産の最初の本格的なモバイル端末管理(MDM)システムとして2004年にサービスを開始し、これまで Windows Mobileスマートフォン、Androidスマートフォンおよびタブレットを利用する法人300社に利用されています。株式会社AXSEEDは、米国Apple社より認定され iOSのMDM機能の利用に関する技術開示を受けた数少ない日本企業の1つです。これまで、Android端末に特化していた『SPPM for Android』 にiOS端末の管理機能を追加・拡張して、1つの管理画面にてAndroid端末とiOS端末を混在一括管理可能な 『SPPM v2.0』としてリリースします。
<注意>Windows Mobile端末は一括管理の対象外で別の管理画面となります。

【iOS端末対応機能】
今回リリースする、 『SPPM v2.0』iOS対応版の特徴と機能は下記のとおりです。

1.利用法人のiDEP加入が不要
新方式であるApple MDM証明書によるリモート制御が可能です。これまで有償でクレジットカード登録が必須で、かつ時間と手間がかかったiDEPへの法人加入なしでご利用いただけます。
<注意>SPPMのご利用にはiDEP加入は不要ですが、自社開発ソフトの配布にはiDEP加入がこれまでどおり必要です。

2.端末管理
どの端末をどの部署の誰が利用しているか、どういったルール(セキュリティ・ポリシー)を適用しているかをAndroid端末と共に一括管理可能です。(図1)

3.iOS構成プロファイルの作成が不要
iOS端末管理においては、通常 Apple社が提供する『構成ユーティリティー』ソフトを用いて管理者が構成プロファイルと呼ばれるXMLファイルを作成してMDMシステムに登録してからiOS端末群に配布しなければならず面倒です。『SPPM v2.0』 では、管理者はSPPMのポリシー設定画面で設定項目に値を設定するだけでよく、『構成ユーティリティー』ソフトは不要で簡便かつ効率的です。(図2)

4.Log管理機能
端末-管理サーバ間の通信状況や緊急時指示の実施結果等を時系列的に確認できます。

5異常検知・通報(死活監視)機能
端末が制御下にあるか否かを監視し、一定期間応答がないiOS端末を捜し出して管理者にメール通知する機能を有しています。これにより、正規ユーザが管理下から意図的に逃れる操作をした場合やせっかく導入しても使われていない端末を検知可能です。問題のある端末のユーザに牽制メールを自動送信する機能もあります。

6.緊急時のロックとワイプ
紛失等の緊急時には、Apple社のプッシュ(APNs)を用いてリアルタイムにパスワード・ロックしたり端末初期化を実施することができます。端末が電波の届かない場所にあったり電源がOFFであっても、緊急時指示は取り下げるまで有効で端末が通信可能になれば直ちに実施されます。

7.デバイス機能制限
カメラ、Bluetoothの利用制限およびiTunes, iCloudの利用制限が可能です。

図1.iOS端末とAndroid端末を一括管理できる端末管理画面

図1.iOS端末とAndroid端末を一括管理できる端末管理画面


図2. Android,iOS 両方に対応するポリシー設定画面例

図2. Android,iOS 両方に対応するポリシー設定画面例


【接続先URL制限機能】
また、『SPPM v2.0』では、iOS端末対応と共に、 Android端末用の新機能として『接続先URL限定』機能を追加しました。
管理者は、接続許可するURLと見出し語のペアを『URLホワイトリスト』として下記の形式で作成します。

(例) “https://www.axseed.co.jp/”,“AXSEED社“

『接続先URL制限』ポリシー設定画面(図3)にて、URL帆愛とリストを管理サーバに登録します。
SPPMの一部として提供されるセキュアブラウザ(SecBrowser)には、ユーザがURLを入力する機能がありません。また、『ブックマーク』には、『URLホワイトリスト』の内容がSPPM管理サーバからリモート設定され、変更も可能です。

図3. 図4

図3. 図4


SecBrowserには、ユーザがURLを入力したり『ブックマーク』に他のURLを追加することができませんので、SPPMの『利用アプリ制限』機能にて、 SecBrowserのみを許可し、他のブラウザアプリを利用制限することで、業務に無関係なサイトへのアクセスを禁止できます。

SecBrowserはAndroidの標準ブラウザの描画モジュールを利用していますので、標準ブラウザで表示可能なサイトならFlashコンテンツ等も閲覧できます。

SecBrowserは、SPPMのフル機能パックをご利用のお客様には無償にて提供され追加費用は発生しません。

<参考URL> https://www.axseed.co.jp/?page_id=1149

【会社概要】
■会社名 株式会社AXSEED(アクシード
■代表者:代表取締役 新明 善彦
■資本金:1,000万円
■設 立:2004年3月1日
■所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナル本館 8F
■TEL:03-5766-4150
■FAX:03-5766-4151
■URL:https://www.axseed.co.jp/
■Email:cs@www.axseed.co.jp
■事業内容:
・ソフト開発
・サーバシステム開発/構築/管理/運用
・携帯キャリア公式サイト開発・運用
・動画変換、画像変換、絵文字変換
・ASPサービス提供(PC/携帯)
・本人認証/暗号/匿名システム開発
【本件に関するお問い合わせ】
■会社名:株式会社AXSEED
■担当者:橋本
■TEL:03-5766-4150
■FAX:03-5766-4151
■Email:pr@www.axseed.co.jp
一覧へもどる