おやつインスタ

Follow Me

AXSEED

T.Mさんー

ミス軽減、時間短縮!自作のテンプレートで設計書作成

こんにちは、開発部のTです。

AXSEEDは水曜日が「おやつの日」で、私は毎週楽しみにしているのですが、本日のおやつはピーナッツ最中とメープルバタークッキーでした。業務で頭を使った後に甘いものを食べると、ホッとしますね。どちらも美味しかったです。「おやつの日」は、社員が交代でおやつを選ぶので、全国の色々なお菓子を食べられます。来週も楽しみです。

今日は設計書作成業務に関して、私の工夫をご紹介します。
皆さんは、授業で設計書を書いたことはありますか?どんな風に作成していますか?
私は現在、自作のテンプレートを作成し、それをコピーして作成しています。テンプレートには、どの設計書でも使用する共通項目を自分でピックアップして記載しています。

以前は、前に作った古い設計書をコピーして再利用していました。そのまま利用できる部分は再利用し、新しく書き変える部分は変えて…といった感じです。古い設計書の内容をそのまま使えるので、一から新しく作るより時間短縮になると思っていたのですが、これが結構時間がかかってしまっていました。というのも、「どこを古いまま使って、どこを新しく書き変えるべきか」を探すのに手間取っていたからです。また、うっかり書き変えるべき所を見逃してしまう…というミスもありました。

そこで、古い設計書を使用するのをやめて、自分でテンプレートシートを作ることにしました。時間がかかるかなと思いましたが、不要な書き込みが一切無いためかとても作成しやすくなりました。古い内容を変え忘れるミスも無くなったので、ストレスも少ないです。

テンプレートだと、業務のなかでの気づきや考慮した点をすぐに反映できるのも便利です。シートはこまめに更新して、構成や文言など、自分が工夫したことを記載するようにしています。また、チームの中には同じようにテンプレートを作成しているメンバーがいるので、お互い見せ合いアドバイスし合って、良い部分を取り入れたりもしています。自分の経験や得た知識がそのままテンプレートに反映されているので、ブラッシュアップされて、最初に比べてどんどん使いやすくなっています。

設計書の作成は人により色々なやり方がありますが、私は今のところ、自分にはこのやり方が合っているなと感じています。

皆さんもエンジニアとして設計書を作成する際は、良ければ自作テンプレート、試してみてください!

一覧へもどる

ページ上部へ